ホーム>不倫など男女問題の誓約書作成代行

誓約書に関する知識


誓約書とは何ですか?

■誓約書と示談書(契約書)を同じように考えておられる方が意外と多いのですが、この2つは大きく違います。示談書は契約書ですから当事者2人(不倫慰謝料問題の場合には慰謝料をもらう側と慰謝料を支払う側)が署名押印します。しかし、誓約書は一方当事者がもう一方に差し出すものなので、署名押印するのは一方当時者(不倫問題の場合は不倫をした側)だけです。

■では誓約書にはどのような効果があるのでしょうか?
@後日の証拠になる
「〇〇を認めて、謝罪します」のような内容を記載すれば、〇〇したことを認めたという証拠になるでしょう。

A今後の抑止力になる
「今後〇〇しないことを誓約します」のような内容を記載すれば、今後の抑止力となります。誓約が破られた場合には、相手方に対し警告したり文句を言ったりしやすくなるでしょう。

B誓約を破った場合の違約金・損害賠償の請求が容易になる
「誓約を破った場合には違約金として金〇万円をお支払いします」のような内容を記載すれば、今後の強い抑止力となります。さらに、実際に誓約が破られた場合には、違約金などの請求が容易になります。


どのような場合に誓約書を作ればよいのですか?

■男女トラブルにおける誓約書はどのようなケースでよく作成されるのでしょうか?一番多いのは「不倫をされた妻が不倫相手の女性に誓約書を書いてもらう」というようなケースです。なお、誓約書を作成するケースでは大抵慰謝料などの金銭の支払いが発生していません。これは何故かと言いますと金銭の支払いが含まれる内容であれば示談書を作成することが多いためです(金銭を支払う側は大抵「これ以上請求しない」などの清算条項の記載を望みます)。

■当事務所で今までご依頼をお受けしてきた中では、以下のような誓約書作成がございました。
・不倫をした人(例えば既婚者と不倫をした女性)が不倫をされた人(例えば夫に不倫をされた妻)に差し出す誓約書。
・夫婦間の誓約書(例えば不倫をした夫が妻に差し出す誓約書)。
・交際解消時の誓約書(男性が女性に対して、今後つきまといません、交際中の動画・画像は破棄します等の内容を約束)
・婚約解消時の誓約書

■なお、誓約書のご依頼の8割は「不倫をした人が不倫をされた人に差し出す誓約書」です。


当事務所の誓約書作成代行について


・全国対応実施中。当事務所にお越しいただかなくても作成可能です。
・ご相談には無料で対応しております。


★誓約書作成のご依頼をお受けする場合に必要な費用


誓約書作成費用・・・1万6000円円



★誓約書作成サービス内容


・誓約書の作成・修正
・ご相談全般への対応



icon ご依頼・ご相談はこちらからどうぞ!



※「誓約書作成」は全国からのご依頼に対応しております。

>