公正証書かわら版>公正証書はどこで作るの?

公正証書はどこで作ればよいですか?(管轄の公証役場はどこ?)

■この質問に対する答えは一言で終わります。公証役場で作ります。公証役場は全国各地にありますから近くに公証役場がなくて作れないという事態に陥ることはないでしょう(県庁所在地には間違いなくあります)。

■弁護士や行政書士が公正証書を作ってくれると宣伝していますが、弁護士事務所や行政書士事務所の内部で作成するのではなく、弁護士や行政書士が公証役場(公証人)との打ち合わせをしたり、公正証書の原案を作成してくれたり、作成日当日公証役場に同行してくれたり、代理で公証役場に行ってくれたりするということです。そのあたりは思い違いしないでください。

公証役場はたくさんあるけど、どの公証役場で作ったらよいのですか?

■この質問に対する答えも簡単です。どこの公証役場でもよいです。極端なことを言えば北海道に住んでいる人が沖縄の公証役場で公正証書を作ることもできます(そんなことする人はいないでしょうが・・・)。まあ特別な事情がない限りご自宅の最寄公証役場で作成することをおすすめします。

■「この行政書士さんに公正証書作成を依頼したい」という行政書士さんがあなたの住んでいる地域と別の地域に事務所がある場合もあります(代理作成が可能なこと、ネットが発展したことによってこのような事態も多々発生しております)。個人的な見解ですが、奈良県在住の方が大阪の行政書士さんに依頼する程度であればよいでしょうが、北海道の方が福岡の行政書士さんに依頼するなどはあまりおすすめしません。遠方の依頼するとしても隣の県の事務所(もしくは同じ地方の事務所)くらいまでかなと思います。



本ページでは「どの公証役場で公正証書を作成したらよいのか?」「管轄公証役場はどこか?」について説明させていただきました。